【体験談11】 G基盤!諦めモードからの大逆転!

2022年10月出勤確認

今回訪問したお店はコチラ

店名/セラピスト 有料公開
年齢 20代後半
料金 90分 計¥13,000
はっきりした顔立ちのかわいい系 おっとりタイプ
スタイル ムチムチ Dカップ?
攻撃力 ★★☆☆☆
守備力 ★★☆☆☆


懐事情の寂しさを感じる今日この頃

お財布にやさしいメンエスはないかと検索中、未訪問の1軒を発見。

情報を漁ってみると鉄板の寛容セラピがいる模様。

予約を試みるも、かなり先まで満枠とのことで断念することに・・・

代わりに希望時間にタイミングよく空いていたセラピストがいたので、そちらの方にお願いしてみることにしました。

情報が少なく、あまり期待はできなさそうですが・・・

良心的なお値段ですので、失敗したらその足で手コキ店へ向かうことも考えつつインターホンをポチっと。

『ガチャ』

・・・・

無言開錠。雲行きが怪しいぞ。


気をとりなおしてドアを開けてお出迎えくださった今日のセラピ様。

田中美奈子さん似(主観)?を若くした感じでかわいいです。

ただ、写真で想像してたよりもぽっちゃりさんです。

自分は好きな体系ですので問題ナシ。

お茶をいただきながらアンケートに記入いたします。

重点箇所はSKBを記入しようか迷いましたが、あからさますぎるので無記入。

流れに任せることにします。



シャワーを浴びて、マッサージはスタンダードにうつ伏せの指圧からスタート。

まぁまぁ心地よい加減です。

が、体感5分で終了。

オイルしていきますね~

ということで、早々にふくらはぎからのオイルマッサージに移行。

ふともも、おK2と、これもなかなか・・・GOODです。

オイルの温度も適切で、キワこそないものの悪くない。

腰、背中、肩と、無難に進み

カエル足お願いしま~す


デコルテライン中心の施術になりますが、ここでもキワキワな攻めはなし。

なんとかBKさせようと集中してみますが、合間合間の会話で集中できず・・・

頑張りましたがノーBK・・・

4TBお願いしま~す



相変わらずANL付近の攻めはイマイチですが、なんだが手つきが妖艶になってまいりました!

お腹に伸びる手は愚息にソフトタッチ。

紙パンを指に引っかけて愚息の頭が出たり戻ったりを繰り返し、準備万端と主張しております!

仰向けお願いしま~す


天を向く愚息には目もくれず、そこには何もないようにデコルテゾーンのマッサージ。

ただひたすらに・・・

直接的な刺激のなさに、臨戦態勢だった愚息もさすがに通常モードに戻りました。。。

やっぱり今日は土建かなぁ・・・

と、ここで

お隣失礼しま~す

自ら添い寝ポジションに移行してきました。

飛んで火にいるとはまさに!

たわわなOPIに手を伸ばしてみました

ダメですよ~

服の上からこの反応。

う~ん。

厳しいです。

イタリア代表を彷彿とさせる鉄壁の守り。

そっと手を添えるだけお許しを得ました。

じゃあ起き上がってくださ~い

え?もう終わり?

ではなく

後ろからマッサージしますね~

だそうです。

後ろから密着してのTKBとデコルテへの攻め。

それ以外はノータッチ。

もう生殺しですよ。

当然このまま終われず再トライを試みました。

正面に回ってもらい、ハグ状態からホックをプチっと

あー

ダメなのに~

そこを何とか!

なし崩し的に横になってもらい逆マッサージ開始です。

最初は控えめに・・・少しずつ大胆に・・・・

ん?

かなり反応はよろしいようで。

前半の鉄壁守備は?

もしかしていけるのか?

頭の中が????な感じですが、ここは攻めの一手でしょう。

G着許可をいただきましたので装着。

終わってみれば大満足の結果となりました。





総括

終始セラピストからの直接攻撃がなかったのは、自分が満足するために長持ちさせたい気持ちがあったのではないかと思いました。

性欲が強すぎて困ると言ってましたしww

後半は

敏感だからダメ~

欲しくなるからダメ~

1回じゃ済まなくなるからダメ~

ちゃんと気持ちよくしてくれますか?

ってなってましたし。

本人曰く、寛容度はその日の気分次第だそうですが、聞いてるとわりと高確率っぽい。

Gは必須ですので持参しましょう。



パパレモンのおススメ度 ★★★★★

店舗名・セラピスト名が知りたい方は下のボタンからご確認ください。

 

※こちらの記事はあくまでも自分が経験したことであり、同じ体験を保障するものではありません。

※トラブル等の責任は一切負いかねます。完全自己責任でお願いします。

※他サイトへの転載はお止めいただけますようお願いします。

 

タイトルとURLをコピーしました